身体が冷える

冷え性って女性だけのものかと思っていました。
実は数年くらい前から、冬場は身体が冷えて、ひどいときには頭が痛くなることも。
コタツにすっぽり身体を潜り込ませて、身体全体を温めると、頭痛は収まります。
たぶん若いうちは寒いときには全身の筋肉が震えて自己発電みたいに身体を温める。
だから冷えることはない。
歳を取ると、筋肉が衰えて、震えることがなくなり、自己発電することがなくなる。
だから身体は気温と同じく、冷えたまま。
歳を取ったら、厚着をして、寒さから身を守らないといけなくなるのです。
それと、適度に筋肉を使う運動もしていかないとだめですね。

今は梅の季節。梅の花は控えめで自己主張せずいいですね。
ume20170218-2.jpg 

facebookの地域グループへの投稿を控えることにします

facebookで地域のグループに参加しています。
ブログ書く上で、地域の情報収集が必要ですので。
いつのまにか自分でも投稿するようにもなっていました。
「いいね」をたくさん付けてもらえるから気持ちもよかったし。
でも最近、撮影の腕自慢みたいな投稿が多くなっていて、
自分の投稿も同じような感じになってきている。
反省も含めて、facebook地域グループへの投稿は控えるようにします。
その代わりに、もっとブログの方の投稿に力を入れていきたいと思います。

今日、「ラ・ラ・ランド」を観てきました。
会員になっているユナイテッドシネマ大津は「ラ・ラ・ランド」は上映していないので、京都のイオンシネマ桂川まで出向きました。
京都までは定期券があるし、桂川までは¥160ですから、運賃はユナイテッドシネマ大津へ行くのと変わらない。
それにイオンシネマはGG特典があって、55歳以上は¥1100で鑑賞できるのです。
また設備が新しく、座席の勾配が大きいので、前の人の頭が気にならないのもいいです。

「ラ・ラ・ランド」の感想は別のブログ「週末は映画が観たい!」の方に投稿します。

今回投稿した画像は昨年春に撮影した近江神宮。早く春にならないかな。寒いのはもういいです。

omijingu021.jpg 

口の臭いおっさんになっていない?おじさんこそオーラルケアは大切なんだ

pyu.jpg 
「あんた、口臭いで!」
かみさんに言われました。
自分では口臭がしているなんて、まったく気が付きませんでした。

確かに、仕事や通勤で息の臭いおっさんに出会うことがよくあります。
いや、よくありますではなく、ほとんどのおっさんの口は臭いのです!
30代以上の成人の約80%は歯周病にかかっているなんてデータもある。
自分の口は臭いのだと認識しておいた方がいい。
誰も言ってくれないからね。

かみさんに言われてからは、毎晩、寝る前に歯を磨くようになり、歯磨きのあとは花王のピュオーラで口を漱ぐようにしています。
この習慣がついてからは、かみさんから口が臭いと言われなくなりました。



厄除け詣でに行った話

今年は本厄になるので、2月1日に滋賀県内で厄除け詣でで有名な立木観音へ参拝に行ってきました。
自宅から車で30分ほど。琵琶湖から流れる出る瀬田川沿いの道を南に向かって走ります。

立木観音はその昔、弘法大師空海がこの場所で、山肌に光る霊木を見つけました。
不思議に思って眺めていたところへ白い雄鹿が現れ、大師を背中に乗せて、瀬田川を飛び渡り、霊木の前に導きました。雄鹿は観世音菩薩に変化。42歳の大厄だった大師は自分の厄災のみならず、未来永劫人々の難厄病を救うよう霊木に観音菩薩の像を刻んだとの言い伝えがあります。

tachiki20170201-1.jpg

お堂までいくのには800段の石段を登らないといけません。これが立木観音参りの試練となります。けして弱音を吐いてはいけません。
 tachiki20170201-2.jpg 
息も絶え絶えになりながら、山腹のお堂まで上がりました。受付で祈願のお願いをします。
お参りを終えたあと、ゆず湯と昆布茶をいただき一服。
tachiki20170201-4.jpg 
さて今年はどんな年になるのでしょうか?厄を払い、良いことがあるように。

『べっぴんさん』毎回楽しみに観ています

NHKの朝ドラと大河は毎回観ています。
今回は『べっぴんさん』についてのお話。

bepinsan.jpg 
今日の放送は昭和37年の時代設定でした。
主人公・すみれの娘さくらも早17歳になっています。
TVで観ると、自分よりずっと年下の娘さんなんですが、
時代設定からすると、僕より13歳も年上なんですよね。
今年で76歳になっているはず。
なんてくだらないことを考えながら観てました。

べっぴんさんは神戸の子供服メーカーファミリアの創業メンバーがモデルとなっているので、
さくらのモデルは存在しています。
現在のファミリアの社長・岡崎忠彦氏の母坂野光子さん。
彼女はアメリカ留学時代にスヌーピーが気に入り、日本に持ち帰ったんですね。
そして、ファミリアが日本での商品化の権利を得て、日本にスヌーピーが知られるきっかけになりました。
調べてみると、なるほどと思う面白いことがわかるものです。