梅にウグイス、桜にメジロ

早咲き桜が散り始め、そろそろソメイヨシノの季節。
桜には早咲き、遅咲きの種類があって、3月から4月まで楽しめるのがいいです。
昔の人は桜をできるだけ長く鑑賞できるように、品種改良を重ねた成果です。
「梅にウグイス(鶯)」という言葉があります。
梅は春を告げる花で、ウグイスも春を告げる鳥です。
同じ春を告げるもの同志。美しく調和しているものの喩を示しています。

梅の花や桜の花にはよくメジロが蜜を吸いに訪れますが、
ウグイスはめったに姿を見ることはありませんね。
昔の人はウグイスをメジロと見間違えて、「梅とウグイス」と読んでいたんだ。
いえそれは間違い。
上に書いたように「梅とウグイス」というのは、
美しく調和したものという意味で使われる言葉で、
梅にはウグイスがよくやってくるという意味ではないです。

ハツミヨザクラ

画像は2017年3月20日に滋賀県大津市皇子が丘公園で撮影。(ハツミヨザクラに訪れたメジロ) 

トラックバックURL http://yasuu3311.blog114.fc2.com/tb.php/36-52c06bbb