第二の人生

50代後半からは第二の人生と何かの本に書いてありました。
確かに会社員ならそろそろ役職から離れ、第一線から少し離れた担当に回される。
定年まであとわずか。
一昔前なら、あと数年で定年だから、それまではひっそり会社の隅で当たり障りないように過ごしていよう、としたかもしれない。
でも今はそんなことは言っていられない。
年金は65歳からしか出ないし、その年金だって、満足した生活を送れるだけあるわけではない。
つまり生きていくなら、身体が動けるまで働かなくてはならないのです。
だからどうせ働き続けなければならないなら、
自分の好きな仕事、やりたい仕事をしていきたいですね。
そういう意味で第二の人生なんです。
いくら時間があるかわからないけど。


腕時計
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント