引き寄せの法則って?

引き寄せの法則という言葉、思うようにいかない人生に迷った方は一度は聴いたことがあると思います。
ふだん自分が考えていることが引き寄せられて、その通りのことが起こってくるということ。
悪いことばかり考えていると、悪いことばかり起こってくる。
だからいつでも前向きなことを考えて、いいことが引き寄せられるようにする。
なんか神秘じみた、怪しげな話のよう。

でも科学的な説明もできるようで、
網様体賦活系(もうようたいふかつけい)というのが人間の脳内にあって、
ふだん見る、感じる、聴くたくさんの情報の中から、
自分の興味があることしか認識できないのだそうです。

後ろ向きで悪いことばかり考えていると、たくさんある情報の中から悪い情報しか認識できなくなって、結果、悪い方向に引き寄せられていく。
だから、常に自分がそうなりたいという理想のイメージを頭の中に叩き込んでおけば、
日々降り注いでくるたくさんの情報の中から、その通りの方向に進める情報のみが認識されるようになり、結果、良い方向に引き寄せられていく。
つまり引き寄せの法則というのは、神秘的な不思議な現象ではなく、自分が自ら選んで進んでいた道だったということなんですね。

理屈では簡単なことなんですけど、何が難しいというと、前向きな思考状態を保つことです。
ふだん生活していると、マイナスになるような事象もいっぱい起こります。
会社や学校、家の中、友達関係など。
どちらかというと、よくない思考に取り巻かれることが多いです。
1日に1回は自分の心の中をリセットして、プラスの思考を充電する時間を持たないといけませんね。
この習慣を続けられれば夢は叶うんです。

kannonsama.jpg 
三井寺(滋賀県大津市)内、衆宝観音像
この観音様を信仰すると、財宝が貯まり、福徳を授けられ、出世が叶うそうです。




スポンサーサイト

ブログ運営についての雑記

自然観察、京都観光、映画、音楽、歴史、デジものなどおおよそ6つのテーマでそれぞれブログを運営しているけど、
このブログだけは特にテーマを決めずに書きたいことだけを書くようにしています。
先の6つのブログはできるだけ多くの人に読んでもらえるように、
アクセスアップのための工夫をしていますが、
このブログは特にアクセスを気にせずに自由に書きたいと思います。
このブログで目指すことは日記のように毎日更新していくこと。
何でもいいから気づいたことを文章にすること。
それだけを目指そうと思います。

そうですね。インスタの画像なんかも掲載していったらいいかな。
今日インスタに投稿した画像です。
カルタの聖地として有名な近江神宮の楼門です。
カエデの新緑がとてもきれいでした。


 

名所がやたら混雑するのはSNSの影響もあるだろうな

我が滋賀県大津市も先日の土日に桜が満開となりました。
近所に三井寺という古刹があって、界隈は春になると桜の名所となります。
毎年、見物客が増えているような気がします。
SNSでの口コミや、観光サイトの記事などで広まっていくのでしょうね。
と言っている僕自身もSNSやニュースサイトに記事を投稿しています。
大津は京都中心街に近いけど、意外に知られていないですから、
地元をアピールするためにもSNSを活用しないと。
でもFaceBookの地域グループサイトが、桜の画像でいっぱいになったのには閉口しました(笑)
それもほとんど同じ場所なんです。
地域グループサイトなんだから、それぞれ知られていない穴場を投稿してくれたらいいのに。
著名な場所の方が「いいね!」をもらえやすいからなのかな?


琵琶湖疎水2017/04/09 画像は三井寺近くの琵琶湖疎水口の橋の上

梅にウグイス、桜にメジロ

早咲き桜が散り始め、そろそろソメイヨシノの季節。
桜には早咲き、遅咲きの種類があって、3月から4月まで楽しめるのがいいです。
昔の人は桜をできるだけ長く鑑賞できるように、品種改良を重ねた成果です。
「梅にウグイス(鶯)」という言葉があります。
梅は春を告げる花で、ウグイスも春を告げる鳥です。
同じ春を告げるもの同志。美しく調和しているものの喩を示しています。

梅の花や桜の花にはよくメジロが蜜を吸いに訪れますが、
ウグイスはめったに姿を見ることはありませんね。
昔の人はウグイスをメジロと見間違えて、「梅とウグイス」と読んでいたんだ。
いえそれは間違い。
上に書いたように「梅とウグイス」というのは、
美しく調和したものという意味で使われる言葉で、
梅にはウグイスがよくやってくるという意味ではないです。

ハツミヨザクラ

画像は2017年3月20日に滋賀県大津市皇子が丘公園で撮影。(ハツミヨザクラに訪れたメジロ) 

身体が冷える

冷え性って女性だけのものかと思っていました。
実は数年くらい前から、冬場は身体が冷えて、ひどいときには頭が痛くなることも。
コタツにすっぽり身体を潜り込ませて、身体全体を温めると、頭痛は収まります。
たぶん若いうちは寒いときには全身の筋肉が震えて自己発電みたいに身体を温める。
だから冷えることはない。
歳を取ると、筋肉が衰えて、震えることがなくなり、自己発電することがなくなる。
だから身体は気温と同じく、冷えたまま。
歳を取ったら、厚着をして、寒さから身を守らないといけなくなるのです。
それと、適度に筋肉を使う運動もしていかないとだめですね。

今は梅の季節。梅の花は控えめで自己主張せずいいですね。
ume20170218-2.jpg